ascal design にちにちデザイン談

デザイン活動をしながら日々思うことをスタッフやつながる仲間が気ままに綴ります

エンボスとガラスの可能性

 

昨年5月に窯がやってきてからほぼ1年。

初めこそ土を焼いていましたが、最近はめっきりガラス専用の窯になっています。

というのも、ガラスとエンボスの相性が予想以上に良く、可能性を感じます。

 

ガラスにエンボス(凹凸)というと切子などが思いつくかと思いますが、アスカルのガラスへのエンボス付けは主に型取りです。型取ることで施されるエンボスは、切子のような鋭さはありませんが、溶けかけの氷のようなトロッとした優しさや煌めきがあります。

 

また、エンボスを施すことで表裏の感覚が薄れ、より立体感の感じられるオブジェクトとなり、存在感も増すように感じます。

 

と、ガラスとエンボスの可能性を模索する中、今回Made in 日本橋で繋がったご縁により日本橋高島屋のタッチアンドフローさんにてガラス作家さんとご一緒に小物の展示販売をさせていただくことになりました。

 

タッチアンドフローさんは「しあわせのヒントの在処」をコンセプトに、洗練されたステーショナリーや日用品を取り揃えたショップです。

www.touch-and-flow.jp

そんな素敵なショップでのせっかくの機会。

アスカルとしても日々の暮らしにちょっとした彩りや豊かさを添えられるものをと、現在、試行錯誤で制作中です。

制作中のものをいくつかご紹介したいと思います。

 

其の1 『箸置き』

春夏秋冬をイメージしたカラーリングで、2個セットで販売予定。

表面のドットは意匠性はもちろん、カトラリーを置いたときの固定にも一役買うという機能性もあります。

エンボスがあることで光が乱反射し、ガラスのキラキラ感が増します。

 

其の2 『小皿』

珪藻土のコースターと同柄のガラスの小皿。

無色透明のガラスとエンボスの取り合わせが涼しげな、これからの季節にもぴったりな小皿です。

ガラスの厚み、ヘリの立ち上がりの高さなどひとつひとつが大切な要素になってくるので、色々と検討中です。

 

この他にもいくつか試作検討中ものもありますので、お楽しみに。

 

 

TOUCH & FLOW 日本橋高島屋S.C店内 展示販売

期間:2022.6.22~7.19  時間:10:30~20:00

(営業時間は変更になる場合がございます。お出かけの際は事前にご確認ください。)

 

「エクステリア×ガーデンエキシビジョン2022」リポート

4/15に幕張メッセで行われた「エクステリア×ガーデンエキシビジョン」に行ってきました。感染症対策のため2回開催が見送られ、なんと2019年以来、久しぶりの開催です。

 

個人的に目立つなと感じたものや、新商品など中心にリポートさせていただきます。

 

 

▶︎全体通して、濃色の木×ブラックスチール部材が多い

明るい木目の商品もバリエーションには表記がありますが、展示に採用されているのは中間〜濃い木目がほとんど。軒天やガレージのルーフ、玄関周り、フェンスなど様々なところでこの組み合わせが見られました。

 

 

▶︎ルーフ商品

入り口の四国化成、迫力のある大きなルーフは見応えがあります。

 

ガレージやテラスのルーフ、木目×ブラックスチールでスッキリした印象のものが多いです。中にはサンルーム的な空間提案も。

 

 

▶︎スマートなルーフデザイン

エッジの処理が綺麗で、野暮ったさのないデザインな気がします。

 

ブラックのどっしりとした大屋根に見えますが、下に入ると細い格子で明るく、かなり軽やかな印象です。格子の上は半透明素材があるので雨でも安心。

 

こちらも半透明素材で天井に抜けを作っており、ブラック単色ですが暗さや重苦しさもない工夫がされています。

 

 

▶︎ラウンジライク、上質なリラックス空間のイメージ

クリアガラスで開放的な屋外スペース。

ホテルのプールサイドにでも設けてありそうな優雅な雰囲気です。

 

こちらもどこかリゾートライク・ホテルライクな雰囲気。

 

煤や煙の出ないバイオエタノール暖炉やプールの提案。

全体的にアウトドアリビングから1段グレードをアップしたような、プライベートリゾートのような印象を受けます。

 

 

▶︎ありそうでなかった長手のコンクリートブロック

f:id:ascal_design:20220415212130j:plain

f:id:ascal_design:20220418113305j:plain

95×800mmの幅が細いコンクリート。まるでタイルのようです。一般的に「コンクリートブロック」と聞いて連想するものよりモダンな仕上がりで、形状・縦横比が違うだけでここまで新鮮に見えるのかと驚きました。

 

f:id:ascal_design:20220418113713j:plain
f:id:ascal_design:20220418113658j:plain

こちらも、ちょっと長手で150×600mmサイズのブロック。馬積みにした際の色むらが際立って見えます。

 

 

▶︎アルミ新色「ダスクグレー」

f:id:ascal_design:20220418114602j:plain

f:id:ascal_design:20220418114926j:plain

近年の商業施設を見ていても、一時期多く見られたブラックの窓枠やスチールから、少しコントラストを抑えた「黒に近い濃色グレー」に移っているなという印象があったので、納得のカラーだなと感じました。

 

f:id:ascal_design:20220418120029j:plain反射や角度でなかなか比較が難しいのですが、青みで黒と比べるとちょっと明るいかな、という色味(カメラと写した画像のダスクグレーはちょっと明るく写りすぎてしまいました...)。外で実際施工された時にどう見えるのか気になります。

 

 

▶︎金属調の柄

f:id:ascal_design:20220418121351j:plainファサードにメタル調の部材&ハイウォール。

 

f:id:ascal_design:20220418120455j:plain
f:id:ascal_design:20220418120357j:plain

f:id:ascal_design:20220418120518j:plainフェンスやパーツでは、黒皮鉄と赤錆の2色展開も。

 



▶︎ナナメの流れある石柄

ブックマッチのような張り合わせが可能な石柄タイル。柄が左右対称すぎると使いづらいので、これくらいの「揃っているような、ランダムなような」という並びが程よく存在感あり、良いバランスだなと感じました。

 

 

▶︎宅配BOX、大きくてもノイズレスなデザイン

様々なサイズに対応し、年々バリエーションが充実しているように思います。大きい宅配物の受け取り可能なBOXも、やはり需要がありそう。

 

f:id:ascal_design:20220418122136j:plain
f:id:ascal_design:20220418132230j:plain

大中小のすべてのサイズに対応した3口あるものや、門と一体化したフラットなデザイン。

 

f:id:ascal_design:20220418163834j:plain
f:id:ascal_design:20220418163553j:plain
f:id:ascal_design:20220418122238j:plain

玄関に馴染むすっきりとしたデザインも見ていて気持ちが良いです。

 

 

▶︎集合住宅向け商品

また今回目新しく感じたのは、集合住宅向けの商品提案。自動施錠のできる門や、屋根付きの自転車置き場やゴミ捨てスペースなどがちらほら。

 

 

▶︎プロジェクション的なライティング

壁面、天井、床などにグラフィカルなシルエットや、揺らぎのある光を映し出す商品。壁面を引き立たせるのではなく、光や影自体がワンポイントの主役になる演出は面白いです。映像ではないので動きませんが、木や光の自然モチーフのデザインは癒されます。

 

 

▶︎ラップ調外壁に合わせた展示や商品

最近はこのような形状の外壁が人気ですが、実際にラップ調のフェンスが出てきたり、

 

ポストや表札の商品ブースの1角でもラップ調外壁を想定した見せ方。色味含めて、今らしい組み合わせです。以前からこのようなデザインのポストはありましたが、単体での展示よりも壁面とセットで見えてくるのでイメージがしやすく、納得感があります。

 

その付近にも、アメリカンヴィンテージと言ったら良いのでしょうか?

インダストリアルっぽい金庫のようなガッチリしたポストや、ストリートサイン風の表札など、ラップ調・アメリカンな住宅外観に合いそうなエクステリアをアピールしている印象。

 

 

▶︎インテリアでよく見る色味

タカショーの印刷パネルでは、内装のカラークロスでよく使われるようなブルーや、グレイッシュなグリーンの単色が出ていました。また色差のある特徴的な木目柄もインパクト大です。

 

 

▶︎SDGsへの取り組み

プラスチックや木材から作る床材。循環型(脱炭素)新素材として、公共スペースの舗装材から展開予定のようです。

 

 

展示会全体を通して、濃色木目や金属柄のダークブラウン、ダークグレー(金属柄)、ブラックスチールがメインで、とにかく濃い色の商品が多かった印象です。

ただ、重々しさ・重厚さがあるかというとまた少し違い、スッキリしたフォルムや抜けを作って、高級感や上質感を感じるものが多かったように感じます。

 

展示会で外観に関わる商品を見られるのが久しぶりでしたので、大きさや質感など体感しつつインプットできる場は貴重だなと改めて思いました。

今後も控えている展示会が無事に開催され、こういった情報共有も定期的に行えることを願っております。

「2022 JAPAN SHOP/建築建材展」リポート

3月1日〜4日にビッグサイトで「2022 JAPAN SHOP/建築建材展」が開催されました。

今年は「JAPAN SHOP」「建築建材展」と両展示会共催の「NIPPONプレミアムデザイン」の3イベントの構成になっていました。

 

「NIPPONプレミアムデザイン」は日本古来の素材や伝統技術・デザインで作られた商材の展示コーナーで、完成度の高い工芸品さながらのアイテムが出展されていました。

どのブースも緊張感のある美しいフォルム、深みのある色合い、繊細な表現に彩られたアイテム、改めて日本のものづくりのクオリティーの高さを感じます。

 

繊細な美しさの組子細工f:id:ascal_design:20220307182944j:plain

有田焼の深みのある加飾技術f:id:ascal_design:20220307182938j:plain



今回、「JAPAN SHOP」「建築建材展」を通して感じたことは大判のタイルが多く出展されていたということ。

本物の石材の商品(特にいわゆる石積み系)はほぼなく、石目を全面に出した大判タイルがトレンドです。

柄としては石柄が多かったのですが、金属調のケミカル柄も目につきました。

技術的にインクジェット技術の進歩が顕著で実際に触ってみないと本物か印刷かわからないくらいです。

タイルのインクジェット品というとイタリアが有名ですが、最近では中国製も多いようです。

また、薄く軽くできるという事で施工性の良さもポイントです。

 

■大判タイル

大判タイルとバリエーションサンプル 105バリエーションあるとの事f:id:ascal_design:20220307183703j:plain


f:id:ascal_design:20220307182917j:plain

ケミカル調(イタリア製)f:id:ascal_design:20220307182855j:plain

f:id:ascal_design:20220307182907j:plain

 

■金属塗料を塗布したサイディング(磁石も付く)f:id:ascal_design:20220307184250j:plain



■シート品

シート品もかなりリアルなものが出ていました。f:id:ascal_design:20220307182851j:plain

 

骨材と樹脂素材からできているという事ですが、断面までもリアルです。f:id:ascal_design:20220307182833j:plain

f:id:ascal_design:20220307182830j:plain

f:id:ascal_design:20220307182836j:plain

 

■その他

表面デザインで気になったのは木×布目とか金属×布目のように複数の素材感がかけ合わさっているもの。近くで見た時の繊細な表現は新鮮さと上品さ、高級感を感じます。f:id:ascal_design:20220307182840j:plain

f:id:ascal_design:20220307182808j:plain

 

石材柄のカラーはグレーを中心としたモノトーン系が人気のようです。f:id:ascal_design:20220307182904j:plain

f:id:ascal_design:20220307182858j:plain

 

一見、本物の窯変に見えますが、こちらもインクジェットとの事。f:id:ascal_design:20220307182901j:plain

 

こちらは和紙のパネルなのですが、遠目に見ると石材に見えます。f:id:ascal_design:20220307182932j:plain

f:id:ascal_design:20220307182935j:plain

 

因みに、こちらは本物素材(薄い石材をシート状にしたもの)f:id:ascal_design:20220307182910j:plain

 

新木場の有名な木材屋さんですが今回はあえてなのか突き板シートのみの展示でした。f:id:ascal_design:20220307182926j:plain

 

キッチンも金属!f:id:ascal_design:20220307182848j:plain

 

全体的な印象としてはエンボスが演出する陰影感、凹凸感というよりは石目やケミカル素材の経年変化などの表面意匠を見せるという商品が多かったように思います。

今年も去年に続き大分規模が小さくなっておりましたが、来年こそは東館両サイドでドーンと開催されますよう願って、リポートを終わります。

 

 

 

11月のワークショップ&イベントレポート

11月末にアスカルが関わったイベントを2つ、ご紹介させていただきます。

 

1つ目は、ガラスのワークショップです。

f:id:ascal_design:20211129183346p:plain
f:id:ascal_design:20211129183312j:plain

 

「ガラスフュージング」という(電気炉で板ガラスを熔かす)技法を使い、これからの時期にぴったりなクリスマスツリーを作ります。せっかく窯があるのでガラスのワークショップは何かやりたいね、と夏頃から言っていたものがやっと実現しました。

 

このワークショップは当工房の他に、日本橋のコミュニティスペース〈Flatto〉でも場所を提供いただきました。Flatto運営スタッフの方から「日本橋で働くワーカーさん向けに何かイベントができないか」とお話をいただいたことがきっかけです。

 

ワーカーさん向けということで、仕事終わりに参加しやすいよう夕方18時半〜の開催。冬のこの時間帯は三越前駅のイルミネーションも華やかでクリスマスムードが漂っています。

f:id:ascal_design:20211206193554j:plain
f:id:ascal_design:20211206194314j:plain

f:id:ascal_design:20211206194550j:plain

 

この駅のすぐそばに、Flattoはあります。登録無料のアプリ会員なら誰でも利用できて、お昼を食べにちょこっと寄れたり、習い事が開催されたり、ラウンジや貸しスタジオのあるおしゃれ空間です。

f:id:ascal_design:20211129155447j:plain
f:id:ascal_design:20211129155300p:plain

 

 

そして今回のワークショップでは講師をお迎えしました。

インスタグラムから当工房を知ってくださった コルデコガラス様( @coldeco.glass )です。

まだ知識や経験の少ないアスカルがかねてより窯の使用やガラスについて多くのアドバイスをいただいている、とてもお世話になっているガラス作家さまです。

ご自身でもワークショップを開催されているとのことで、当日も手際良く進めてくださいました。

 

さて、ガラスツリーの作り方はとてもシンプル。

ベースとなる三角形のガラス板の色(グリーンかクリア)を選び、あとは好きな色のガラスをバイキング形式で選び、自由に乗せていくだけです。

 

とは言え、このガラスの数々...!

f:id:ascal_design:20211129160716j:plain

f:id:ascal_design:20211129160034p:plain

f:id:ascal_design:20211129160030p:plain

これだけ綺麗な色が揃っていると、見ているだけで楽しくなってきます。 事前にイメージスケッチを描いて参加してくださった方もいたのですが、たくさんのガラスを前に悩まれておりました。その気持ち、よくわかります。 

 

f:id:ascal_design:20211129160706j:plain

道具の使い方や難しいカットはこちらもお手伝いしつつ、ガラス用の接着剤で固定しながらデザインを決めてもらいます。

 

そして後日、出来上がったツリーは当工房の電気窯で焼成

f:id:ascal_design:20211206200109j:plain
f:id:ascal_design:20211206200415j:plain

 

こちらは焼く前。ガラス板のパーツを乗せた状態なので、少し角のある見た目なのですが

f:id:ascal_design:20211206200915j:plain

 

焼成後は全体がくっつき一体化。角が取れてすこしだけゆるやかな表面になります。

f:id:ascal_design:20211206200923j:plain

丸いガラス玉はそのまま形を保っていていますが、この溶け具合は温度や設定によって変わってくるので、ちょうど良い焼成の設定はこれからも検討していきたいところ。

 

 

f:id:ascal_design:20211206213025j:plain

f:id:ascal_design:20211206213038j:plain

それにしても色とりどりの作品が並ぶと本当に素敵で、全部家に持って帰りたいくらいです。サンタとトナカイ、雪だるまがいるデザインも可愛い...!

 

f:id:ascal_design:20211207102836p:plain

木の台座&電池式キャンドルもセットでお渡しですのでお部屋を暗くして眺めるのも◎。

 

ちょうど今、窯で焼成が終わって作品の受け渡し期間なのですが、取りに来られる皆さん「わーすごい!綺麗!」と、とっても喜ばれています。

ガラス素材の魅力に加えて、コンパクトなので場所も取らず、毎年使えるだろう素敵なクリスマスアイテム作りとなりました。

コルデコガラスさま、Flattoのスタッフの方々、誠にありがとうございました!

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

2つ目にご紹介するのは「 紙の遊園地 」というイベント。

f:id:ascal_design:20211129163051j:plain

 

以前メルマガで、紙専門の卸商社〈中庄株式会社〉さまのご紹介をさせていただきましたが、その創業239年、日本橋の老舗〈中庄〉さま  ×  全国各地でワクワクをカタチにするアート集団「アトリエヤマダ〉さまが開催する、日本橋エリアを盛り上げる3日間のイベントです。

こちらにアスカルも参加させていただきました。

 

▼〈中庄株式会社〉さまのご紹介の回

ascaldesign.hatenablog.com

 

 

内容としては馬喰町〜小伝馬町付近のエリアでスタンプラリー形式となっており、今回は〈MADE in 日本橋〉を4会場のひとつとして場所提供。

f:id:ascal_design:20211129180042j:plain

 

子供が楽しめる企画が中心となっており、各会場ペイントできるダンボール迷路や、ドラム缶危機一髪、磁石のドミノ、中庄さんの和紙を使った作品などなど、様々な展示やワークショップがありました。

f:id:ascal_design:20211129174932j:plain

f:id:ascal_design:20211129174949j:plain
f:id:ascal_design:20211129174838j:plain
f:id:ascal_design:20211129181104j:plain



 

そしてアスカルで行うことになった催し物はこちら。

テーブルなど移動してスペースを確保したこの工房空間に

f:id:ascal_design:20211129164153j:plain

 

突如巨大な段ボールカーが出現しました!

f:id:ascal_design:20211129164457j:plain

この車にいろんな素材をペタペタ貼って、たくさんデコレーションをしてもらう、

【わくわく!巨大段ボールカーをデコっちゃお】という企画です。

段ボールカーはアトリエヤマダさま制作。車の中にはちょっとした迷路にもなっています。

 

f:id:ascal_design:20211129171614j:plain
f:id:ascal_design:20211129171622j:plain

f:id:ascal_design:20211129171925j:plain

貼り付ける素材は、中庄さまのカラフルな色紙や和紙、輸入紙、芯の入っていない鉛筆や梱包材など。これらは全て端材を利用したものです。

アスカルからも、石柄などのミスプリント、木片、アロマストーンや植木鉢の失敗作、割れてしまった型、壁紙の切れ端など、少量ながら端材・素材を提供。

だいぶアスカル色が強めですが、果たして子供達に使ってもらえるのか...

 

 

イベントは土日の2日間がメインとなりました。

何かとっかかりがないと子供たちも貼りずらいだろうということで、まっさらの車に少しだけスタッフが手を加えて来場者を待ちます。ヤマト糊を使うのはいつぶりでしょうか、匂いや手触りが懐かしいです。

f:id:ascal_design:20211129184045j:plain



そしてお昼頃からだんだんと来場者が増え、

f:id:ascal_design:20211130145133j:plain

 

アスカルの素材も手に取ってもらえています。

f:id:ascal_design:20211130150335j:plain

f:id:ascal_design:20211130152125j:plain
f:id:ascal_design:20211130152128j:plain

右下の女の子が張っているのは御影石のミスプリント...ピンクが下地になると石柄もキュートに見えてきますね。

 

途中、こちらで用意した石膏素材から白い粉の採集が始まり床が真っ白に!という一幕もありました(その後石膏素材はすぐに回収)。

手が白く汚れてしまうかな...という懸念はあったのですが、まさか擦り削り、粉を大量生成することに面白さを見出すとは。子供の発想力と素材への探究心、凄いです。

f:id:ascal_design:20211129185340j:plain

 

そんなこともありつつ、車の装飾グレードアップは進み...

f:id:ascal_design:20211130150919j:plain
f:id:ascal_design:20211130151003j:plain

 

 

完成したのがこちら!

f:id:ascal_design:20211130150017j:plain

 

f:id:ascal_design:20211130150031j:plain

 

f:id:ascal_design:20211130150040j:plain

 

f:id:ascal_design:20211207104719j:plain
f:id:ascal_design:20211130142711j:plain

 

前も後ろも中もとっても華やか、フロントも素材もりもりです。用意した素材もたくさん使ってくれています。3日間、来場者の方の合作です。

 

「紙の遊園地」ではお子さん連れのご家族がもちろん多かったのですが、中にはおひとりでいらしてデコレーションしていく方や、お子さん以上に無心で素材を貼り付けていくお母様も見受けられ、大人も楽しめる内容であったなと思います。

 

そして普段あまり出入りのない子供たちや一般の方にご来場いただき、この場所を知ってもらう貴重な機会となりました。今年初&地元の日本橋開催という素敵なイベントに関われたこと、中庄さま、アトリエヤマダさま、たくさんのご協力に改めて感謝いたします。

 

今後も工房利用の新しい可能性や、窯や設備・素材を使ったワークショップ、何か面白い企画など定期的に行っていければと思いますので、どうぞお楽しみに。

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

ちなみにイベント終了後、段ボールカーはその日のうちにすぐ撤去されました。もったいないですが仕方なし...

f:id:ascal_design:20211207112001j:plain

 

「ギフトショー・IFFT」リポート

10/13〜15に開催されたギフトショー秋2021と、

10/18〜20のIFFT/インテリアライフスタイルリビングに行ってまいりました。

今回はこちらの展示のリポートをお伝えしたいと思います。

f:id:ascal_design:20211018182716j:plain

南館1階の様子

前回に比べ、空きブースも少なく活気ある会場でした。

全体を通して目立っていたアップサイクル、エシカル製品の中から

気になったものをいくつか紹介させていただこうと思います。

 

まずギフトショーからはタイの素材コーナー。

前回の展示に続き2度目の出展だと思います。

タイでは30代くらいの若い世代が中心になって

環境に考慮したものつくりに力を入れているらしく、

廃材を加工したおもしろい素材が並んでいました。

 

 

▼レーシングカーやラッピングバスなどの車の表面を覆うシートを裂いて編んだテキスタイル。

f:id:ascal_design:20211021113240j:plain

耐久性に優れ、そして華美です。

 

▼伐採した木材の中の空洞が多いものをあえてくり抜いて埋め込んだ寄木。

f:id:ascal_design:20211021113340j:plain

輪郭が天然の木材の輪郭なので不思議な印象が受けました。

 

▼廃棄されたカバンや端切れの革を特殊な薬剤で固めたリサイクルレザー。

f:id:ascal_design:20211021113402j:plain

各色のトーンは同じにできるそうですが、

アクセントのように違う革の色が入ってしまうそうでそれがユニークでした。

 

▼パルプを固めた素材。

f:id:ascal_design:20211021113736j:plain
f:id:ascal_design:20211021113807j:plain

よくある作り方ではありますが、パッと見たとき焼き物かと思う質感になっていました。

 

▼家具を作ったときにでる廃材を使ったアートピース。

f:id:ascal_design:20211021113827j:plain

ホテルの客室などで使われているそうです。

 

 

f:id:ascal_design:20211021114953j:plain

以下はIFFTからです。

 

▼今回一番気になった建物と取り壊したときにでる廃材のアップサイクル製品。

f:id:ascal_design:20211021114736j:plain

f:id:ascal_design:20211021114742j:plain
f:id:ascal_design:20211021114831j:plain
f:id:ascal_design:20211021114825j:plain
f:id:ascal_design:20211021114818j:plain

メーカーではなくデザインスタジオの企画製品のようです。

 

波佐見焼の生産過程で大量に出る廃棄磁器を砕き、セメントで固めたもの。

f:id:ascal_design:20211021114931j:plain

テラゾーのような仕上がりでしたが、所々に絵付けが見られ温かみを感じました。

▼規格外の布のアップサイクル製品。

f:id:ascal_design:20211021114844j:plain

f:id:ascal_design:20211021114857j:plain
f:id:ascal_design:20211021114851j:plain

自然が生みだす模様のように同じものは一つとしてないそうです。

すでに店舗什器として採用されている例があるようです。

 

 

ギフトショーでは国内のアップサイクルは海外より少ない印象でしたが、

IFFTでは国内のメーカーの現在の生産方法からより自然環境を考えた方法へと

試行錯誤をされている様子が伝わってまいりました。

 

 

たくさんの出展からのごく一部の紹介でしたが

今後も展示会や新しい施設のリポートなど続けていきたいと思います。

世界の紙×アスカル(建材目線)

f:id:ascal_design:20210928174825j:plain

 

 

 

 

 

当社の新規事業「MADE in 日本橋」の活動をしている中で、同じ日本橋内で230年以上の歴史ある紙の専門卸商社、<中庄株式会社>様と繋がらせていただきました。

f:id:ascal_design:20210928182914j:plain

 

 

 

 

 

今まで紙と聞くと、印刷紙か画紙か和紙など...それぐらいの大まかな種類でしか考えていなかったのですが、中庄株式会社様の事務所には上記の紙に加え、世界中の紙から集められた紙があり、デザイナー心が踊る思いでした。

取り扱われているのは、タイやネパールなどの東南アジアの手漉き系の紙に加え、ヨーロッパの紙など実にグローバルです。

今回はその中から、壁などの建材のデザインの参考になりそうなものを数点購入させていただきました。

f:id:ascal_design:20210928183236j:plain

f:id:ascal_design:20210928183341j:plain

f:id:ascal_design:20210928183356j:plainf:id:ascal_design:20210928183306j:plain

 

 

 

象のフンから作る紙もあり、SDGsの観点からも注目です。

(象の胃の消化成分が、手漉き和紙を作る際の材料と成分が近いそうで、紙づくりに向いているということです)

f:id:ascal_design:20210928183830j:plain

 

 

 

 

 

「MADE in 日本橋」という地元の住民、企業と繋がりたいというコンセプトもある中、

世界中の紙と建材デザインが繋がるキッカケに当社がなれたらと思います。

中庄株式会社様では一枚からの紙の販売もされていますので、ご興味がありましたら是非ご一緒しませんか?

きっと今まで見たことない紙の、色、テクスチャー、質感にワクワクする間違いなしです!

f:id:ascal_design:20210928183013j:plainf:id:ascal_design:20210928184048j:plain

 

 

 

また中庄株式会社様は、11月下旬に日本橋内を盛り上げるイベント「紙の遊園地」を開催予定です。そのイベント会場のひとつが当社の「MADE in 日本橋」となる予定ですので、ご興味ございましたらぜひお越しください!f:id:ascal_design:20210928183052j:plain

MADE IN 日本橋でDIY

f:id:ascal_design:20210824110014j:plain

MADE IN 日本橋。この春にプレオープンしてから少しづつですがお問い合わせも増えてきました。

今回は、地域型SNSピアッザにてつながった田平様が、MADE IN 日本橋DIYスペースとしてご活用いただいた事例をご紹介しつつMADE IN 日本橋の活用法をご提案したいと思います。

 

きっかけは田平様がMADE IN 日本橋の見学に来られた時に、設置されていた作業台を見て、「こんなデスクを作りたいと思っているんです!」とおっしゃられたことでした。

田平様が作りたいデスクは、大人と子どもが並んで座れるH1900㎜×W500㎜の逆V字脚のデスク。

ご自宅でDIYされるには、若干大物です。

 

MADE IN日本橋ではヤスリやニス作業なども周りを気にせず行えます。

自宅では準備が大変な作業もどんどんチャレンジできて、ものづくりに集中できる環境ですので、今回の制作にはぴったりです。


 弊社では、事前にお打ち合わせをさせていただき、資材や機材のアドバイス。また当日、スムーズに作業が行える様、準備サポートさせていただきました。

 

作業の方は、奥様、息子さんも参加され楽しく順調に進み、無事立派なデスクが完成いたしました!

 

f:id:ascal_design:20210824110049j:plain


 作業の様子については田平様がpiazzaにて詳細にレポートされています。↓

www.piazza-life.com

 

この様に、自由な発想でMADE IN 日本橋をご活用いただけるのは大変嬉しく思います。

 

MADE IN 日本橋スペースは、今回活用いただいた木工工具や切削機、3Dプリンターなどでモックアップ制作を行う他にも、カラープリンターやWi-Fiもお使いいただけるので、アイディア出し、企画書作成などのコワーキングスペースとしても十分お使いいただけると思います。

 

テレワークやコワーキングスペース利用も一般化し、オフィスだけがワーキングスペースではなくなってきています。

いつもとは違う設備や環境の中だからこそ生まれる新しい発想、アイディアもあるかもしれません。ご要望があれば、各マテリアルの専門家をお招きしてブレインストーミングなども行っていけたらと思っております。

 

是非、自由な発想でMADE IN 日本橋をご活用ください。